よくある質問 Q&A

よくある質問をまとめてみました。

ビザについて

  • 何カ国もWHビザを同時に申請し、利用することは可能でしょうか?

    出来ます。しかし国によって申請時にパスポートが必要だったり、申請からビザ発給までにかかる期間が異なりますのでしっかりとその国のワーキングホリデービザ申請要項を調べたうえで計画を立ててから実行してください。  よく自分で申請して失敗する人から問い合わせがありますが、失敗した後に直すことほど時間とお金がかかるものはありません。最初から日本ワーキングホリデー協会にてビザの申請をお任せください。ビザは各国が入国の為に審査をする厳しい基準があります。なんとなくネットで見た通りにやって申請失敗しても国は相手にしてくれません。よく注意して申請してください。

  • ワーキングホリデービザの年齢制限は?31歳でも問題ありませんか?

    ワーキングホリデービザの年令制限は国によって異なります。多くの国では 31歳になるまでに申請をしてビザを取得すればその日から1年間以内に入国すればいいので31歳になってからでも1年間のワーキングホリデーがスタートできます。2年間ワーキングホリデーの出来る国では32歳でワーキングホリデーという方もいますので30歳になったからと言って諦めないでください。

  • ビザは自分で申請するものですか?

    ワーキングホリデービザを自分で申請して失敗する人は意外と多いです。心配であれば日本ワーキングホリデー協会にてお手伝いしますのでご連絡ください。特にネットだけで申請が終わるオーストラリアやニュージーランドはメールにてワーキングホリデービザの合否が送られてきます。合格ならいいのですが 失敗してるメールも英語で届きます。よくわからないというお問い合わせが多くあります。毎年ワーキングホリデービザが取得できていないのにメールが来たのを取得できたと勘違いして現地に渡航される方もいます。現地の入管にて引っかかりそのままとんぼ返り、もしくはその場で観光ビザを取得しても入国するという方もいます。その場合はもう一度日本に帰国してからの再申請になります。しかしすでに31歳になってから渡航していたのでもう二度とワーキングホリデービザが申請・取得ができないという方もいらっしゃいました。英語に自信がないのならすべてお任せください。それくらい慎重に申請、取得をオススメします。

ワーホリ行く前に英会話の基礎を作ろう!